Menu/Plan
作業工程:防錆対策及び、メンバーブッシュリフレッシュ

防錆対策及び、メンバーブッシュリフレッシュ

R32GT-R復活でエンジン以外にも、車体、各ブッシュ類のリフレッシュも重要です。
まず車体は、なんと言っても錆が問題です。
脆弱なジャッキアップポイント、リアフェンダー周りなどは、R32では定番ともいえるトラブル発生ポイントです。
すでに錆びている車体を復活については、別に紹介させていただきます。

ここでは、数はかなり減ってきていますが、まだまだ錆、腐食の無い車体は存在しますので、それらの希少な車体を長く意地で維持できるように、防錆処理(錆びにくく)を行います。
車体もエンジンと同じく、量産製品では、対策できない部分がどうしてもあります。また劣化により、新車時に施されていた、防錆処理が効いていませんので、再施工します。

純正のピッチング塗装がされていますが、フェンダーのアーチ部など、塗装されていない箇所が多く存在します。
当然その部分から、錆が発生します。
塗装箇所以外をマスキングし、ピッチング塗装します。通常の塗装とは違い、厚みがあり、
弾性もありますので、車両の下回りの過酷な状況でも、車体を保護します。
出来る限り、隅々まで塗装します。しかしフレームの袋状になっている箇所などは、その内側までは散布できません。
リアフェンダーのアーチ部で塗装が浮いてくるのは、このような内側からの錆が発生するためです。
本来このような部分は、新車製造時に液状のWAXを散布していて、錆の原因となる水分を寄せ付けないようにしてあります。
新車など新しい車のドアの内側の一番下に水抜きの穴がありそこに、黄色い液状の物が見えると思いますが、年数経過で、それらが乾いたり、取れてしまっていたりで機能していません。
そこで当店では、ノックスドールを施工します。
ノックスドールとは、スウェーデンのメーカーが開発した防錆剤で、豪雪地帯での防錆にと作られた製品です。
堅牢なボディで有名なボルボの生産ラインで純正採用しているほどです。
このように長いチューブで、フレーム内部に散布します。

このノックスドールは特徴として
 ①浸透力が強いので、パネルの合わせ目、スポット溶接部の隙間などに深く浸透。
 ②水置換性により、水分を除去して保護膜を形成。
 ③現在発生している錆に作用して進行を遅らせる。
散布後は半固形のWAX状態で、長くとどまり防錆効果を発揮します。

フェンダーの内側や、ジャッキアップポイントの内側に届くように内部に散布します。
車体下部の接合部よりノックスドールが出るまで散布します。

それで、製造時にコスト等の問題で、ピッチング塗装が、施工されていなかった箇所に、ピッチング塗装を施工し外側の防錆能力を高め、内部に水分を弾く、防錆材を散布して、内側の防錆能力を上げます。

* ノックスドールに対しての見解は私個人の知識によるのもです。正確な情報はメーカーHP等でお調べ下さい。