Menu/Plan
作業工程:リアメンバーリフレッシュ

リアメンバーリフレッシュ

リアメンバーのリフレッシュを行います。
ボディの防錆処理時にメンバーをおろしますので、同時に行うのが最適です。

リアの足回りは、マルチリンクを言うだけあって多数の、アームとゴムブッシュで構成されています。
走行距離の多い車両はもちろんブッシュ類が劣化していますが、ゴム製品ですので、走行距離に関係なく、年数でも痛んできます。

劣化の確認がしやすいのは、メンバーブッシュ、(なぜか右フロントが一番痛みやすい)とハイキャスのボールジョイントです。
GT-Rの優秀性はRB26だけでは、なく、その優れた4WDシステムもあるからだと思います。
しっかりとした足回りが合ってこそのGT-Rと言えます。

このようなブッシュ、ジョイントの状態では、安定した走行はできません。

車両から外した状態のリアメンバーです。

純正のリアメンバーブッシュは、このように多数の空間が開いています。

ブッシュの剛性は落ちますが、代わりに路面からの振動、音などが、伝わりにくくなり。、静粛性があがると思います。

リフレッシュでは、ニスモブッシュに交換します。
ニスモブッシュはこのように、隙間がありません、またゴムの強度もノーマルより高くなっています。
確かに、ノーマルより、静粛性、振動などは大きくなりますが、それ以上に、走行の安定性、ダイレクト感はかなりアップします。
メンバーを再塗装し、ニスモブッシュを圧入します。
もちろんナックルのブッシュ、ハイキャスボールジョイントも交換します。
ハブベアリングもガタのある場合は交換します。
デフのマウントブッシュも交換し、メンバー本体の完成です。

各アームのブッシュも交換し、車体に取り付けます。
4輪アライメントをきっちり取り、完成です。

施工前とは別の車両のようにしっかりした走りになります。